2011年3月14日月曜日

地震の話

自分は地震が苦手だ。苦手というのは変だけど、怖いと思っている。
数年前の新潟 中越沖地震を思い出してしまうから。

あの日、シフト業務でネットワークの監視に入っていた。
地震の時、監視室が大きく揺れた。
恥ずかしい話だが、業務を放棄して逃げたいとも思った。

そして今回、自分はたまたま代休で近所の公園にいた。

梅の花もきれいに咲き、のんびり散歩している人や、花見をしている親子連れたちもいた。
そんな中、地震が来た。今までに感じたことがないくらい大きい地震。

公園の木々は大きく揺れ、子供たちは怖がって泣き出していた。当然だ。
近所にある消防署が「落ち着いてください」とスピーカーで叫んでいた。

落ち着いて、地震の情報を得る手段がないかと考えた。ケータイがあった。
ワンセグが初めて役に立ったと感じた。が、それを見て慌てて家に帰ったのは言うまでもない。

幸いなことに、本棚から少し本が落ちていた程度で大きな影響はなかった。
テレビをつけて、改めてただならぬものだと理解した。

今日、会社に行って監視についた。
影響範囲があまりにも大きくて驚いた。やはり、自然に対して人は無力だと感じた。
「お客様が困ってるみたいなんだけど、何か方法はないかな」
と窓口部門に聞かれたけど、手段がなくて「ごめんなさい」としか言えず泣きそうになった。

でも、少しずつだけど復旧している。
本当に少しずつ、少しずつだけど、元に戻すことができるはず。

少しずつでも、前に進みたい。いろんな意味で。

0 件のコメント:

コメントを投稿

アナログな時計

アナログ時計が手元になくなってしまい(電池切れとか故障とか)、何かないかと探していたらAbout Vintageというブランドの時計を見つけました。 (試験とか受けるときに、スマートウォッチじゃ持ち込みNGじゃないですか。。) 探していたのが6月中旬で、たまたま限定モデル?の 1...