2011年3月9日水曜日

ネットワークの可視化

自宅サーバやWebページを運用するにあたり、いろんな情報を見えるようにしたい。

それは自宅のネットワーク機器の状態や、外部に公開しているサーバ(vps:つまりここ)の状態。
見なくていい情報も多いけど、たま~にアタックを受けたり、vpsが落ちてたり、IPv6のtunnelが切れてたりするので、ある程度は見ないといけないと思っている。

今までもある程度はやっていたけど、サーバのリプレースを機に、全部作り直すことにした。

いろんなツールが、昔とは変わってきている(便利になった点が多い)。
やるべきことはやりつつ、新しいツールを取り入れて、可視化に取り組みたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Amazfit GTS2eの画面焼き付き問題(本体交換で解消した例)

2021年3月のセール(?)で Amazfit GTS2e を購入しました。 今まで使っていたSkagen Falster2に比べてレスポンスがとても速く、その上SPo2も測定できるということで喜んで使っていました。 しかし、使用してから5日で画面表示に違和感があり、よくよく見て...