2005年9月12日月曜日

swapが足りない

OBSRのメンテをしていたのですが、どうも動きが鈍い気がしました。
CPUの使いすぎでもないのに、webページの表示に時間がかかる
プロンプトがなかなか返ってこない など
topコマンドで調べたところ、swap領域がほとんど食いつぶされてました。
swapを食いつぶすほどのプロセスを動かしたわけではなく、単純にswap領域が少ないだけでした。
(memory 約60Mに対してswap 約40Mでした。少なすぎですね)
varにswap領域を作ることもできるみたいですが、面倒なのでパーティションマジックでswap領域を広げました。
とりあえずしばらく様子見です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

IFTTTの代わりにPowerAutomateを使ってみる の続き

以前にIFTTTの代わりとしてPowerAutomateを使ってみたとblogに書いたのですが、ほったらかしにしていたら上記の警告メールが来てしまいました。。。 どうやら定期的にblogを書かないといけないらしい。。。メール内には以下の記載がありました。 過去 90 日間にまった...